210|サーモンの腹 ハラス 酒の肴にもご飯のおかずにも旨い

 これは酒の肴として脂があって美味しいおつまみですが、ご飯のおかずにも最高ですね~サーモンという魚も本当にいろいろな料理に使われ捨てるところが少ない魚です。

頭の部分はあら汁用に切ってみそ汁にするとブリのあら汁とはまた違った美味しさがあります。

生食用のサーモンが出始めたのは40年位前だと思います。ノルウェー産だと思ったのですが、日にちが経っても色が変わりにくく脂があってとても便利な魚です

昔は築地市場もお正月は長期で休むのでお寿司屋さんの出前にする白身が無く大変だったところへこのサーモンの登場でお寿司屋さんは助かったと聞きました


サーモンの栄養成分

サーモン・・・ブリなどと同じようにDHAなどの不飽和脂肪酸が含まれてます。また、良質なタンパク質は、疲労回復に役立ちます。またビタミンD(血中のカルシウムを骨に運ぶ)豊富なので、骨粗しょう症の予防効果も有ると言われてます。そして紅色のアスタキサンチンという色素は、抗酸化作用があり、動脈硬化の予防改善に適してると言われてます。疲労回復、動脈硬化の予防、高血圧の予防、脳卒中の予防


ハラスの塩焼き

ハラス完成

ハラスは皮もしっかり焼いて・・・脂が😋

ハラス

脂がのってて旨そうです

ハラス焼き

ハラス完成